めいげんCOMPANY

普段味気のある話題を見聞きしない名言マニアの管理人が、巷で話題なトピックから<刺さる言葉>を発掘していきますよ。

下剋上?松田翔太は野心の塊のような男だと思う

映画にドラマに大活躍な松田翔太さん

花より男子、F4が帰ってきます!相変わらず根強い人気の漫画「花より男子」がTBSでで放送されますよ。

そんなF4の一人である西門総二郎役の松田翔太さん。

auのCMの桃太郎などをはじめ、役に負けず劣らずの人気で活躍していますね。4月からは松田さん主演で「ディアスポリス」のドラマも始まります。「ディアスポリス」は映画化も決まっているそうで、松田さんをたくさんメディアで拝見することになりますね。

^^

松田さんといえば、低い声質に独特の間を持つ演技をする俳優さんだと感じます。

特に顕著にその雰囲気を楽しめたのは「ライアーゲーム」です。戸田恵梨香さんと松田翔太さんの配役がバッチリだったと思います。最初は、松田さんの演技の独特さに多少違和感をかんじたのですが、何話か見ているうちにどっぷりハマってしまいましたね。

 

花より男子も楽しみです。

 

そんな松田さんの野心溢れる言葉がこちら

「人が休んでる間にたくさん考えて、下剋上してやりたいんだよね。」

松田翔太

いいですね。この「人を出し抜こう」というギラギラした感じ、草食男子から離れた「男くさい思考」が彼の格好良さだと思います。 

 


みんなが働く時には一緒に働き、みんなが遊ぶ時には一緒に遊ぶ。

確かにこれはとても大事なことです。
 
しかし、みんなと違う成果を創りたいのなら、みんなと同じ時間の使い方をしていては、難しいです。そもそも皆と同じ時間で勝負して勝つつもりなら、その時間の質を高める必要があります。ではどうやって質を高めるかというと、結局、時間が必要になります。他の人よりも練習や準備などをする時間を使って質を高めるのです。

 
みんなが頑張っている時間は、自分もがんばる。みんなが頑張っていない時も、自分はがんばる。みんなが頑張っていないときに頑張ることで、差をつけるのです。

 
みんなが休んでいるから、自分も休もうと考えることも悪くないでしょう。

しかしみんなが休んでいるから、自分は動いてやると考えることで、人よりも一つ抜きんでることができるのではないでしょうか?

 

ちなみに、人のモチベーション持続させる秘訣というのは、「誰かに勝ってやろう」という想いにあります。

短期的にグッとモチベーションをあげる方法というのはいくらでもありますが、自分のモチベーションを維持し続けるのは簡単ではありません。

実は、ライバルがいること、もっというと「こいつには負けない」「あっと言わせてやろう」という気持ちが、人のモチベーションという炎の燃料になります。

 

野心を持ち、人と競争することで、自分を奮い立たせて、より高いパフォーマンスを維持していきたいものですね。